社長の独り言。

Daimon&DaimonOrchestra OfficialBlog
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< クリスマスプレゼントに今一番欲しいもの! | main | よく行くファーストフードは? >>

【ブログ】くだらない音楽論などいらん。

vlnews024287.jpg
今日は夜勤なので、くだらん音楽論など語ろうと思ったが特に語る事もないというか、ある程度達観してしまったのであんまりねぇ。

この音楽はこうあるべき!とか、クオリティが!とかもちろん自分の中ではあるのだけどよっぽど我が身に降りかからんかったり、興味もたなけりゃ気にもしないのよ。
おもしろけりゃ良いとずっとおもってるし口や文で語るより、ライブとかで実力示したほうが説得力あるし即効性があるよね。

最近思ったのは良い音楽にはメジャーではなくてもその地域に必ず多かれ少なかれ支援者がいるということ。
やっぱあんまり規模は関係ないかなと。もちろんたくさんの方には聴いてほしいけど、数の話になるとだんだん良い音楽=客の数ではなくなってくる。
宣伝やら流通やら現実的な手段を使わないといけない。単純に音楽を楽しもうと思う人にはめんどくさい作業だ。
自分の作品を自分の商品にしようと思えば自ら運営、営業が必然だ。現代のバンドマンは手段がたくさんあるから宿命といってもいいかもしれん。

良い音楽と世間の思う音楽はバンドマンから見ると全く違うと思う。
情報操作が必要なんだ。

個人的にはみんながみんなやりたい音楽をやり続けていれば現代のこんなシーンにはならなかったと思う。ライブハウスに来ているお客さんは最後の良心だとも思ってしまう。
ただ、全ての音楽を同列に並べるのもおかしい。好みはあるし、やっぱ人気による差別もあるだろう。
別に弱小バンドにも手をさしのべてくれという話をしているのではなく、評価されるべきバンドをシーンに取り入れる土壌がもっと整備されるべきだと思うからだ。

とりあえず地域というか、県ごとにインディー音楽協会やらライブハウス連合みたいのやって資金集めたりして、メジャー並の組織なんぞできないものか?
そこでメディアを通じて良いバンドはバーン!と宣伝だ。テレ東だけじゃなく全局だよもちろん。
もちろんジャンル別に分けるし、つまらんバンドや実力ないバンドは上にあがれないだろうけど。第二のメジャー組織になる可能性もあるが、今よりはよっぽどましだろう。ジャンルってのが味噌だ。
ライブハウスとかって何かの音楽協会とかに加入するべき!とかないのかな?それともただのレンタルホール扱いなのか?

まぁとにかくこんなのは戯言っぽいけど結局、実力でもってライブしてその場に種蒔いて、芽が出るのを待つしかないのが現状だよな。
配信や流通や宣伝も必須なんだけど人との繋がりって結局『生』なんだよね。


俺は自分のおもしろい事が、他人もおもしろいってなれば最高ですよ。
音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://daimonband.jugem.jp/trackback/1508867
この記事に対するトラックバック