社長の独り言。

Daimon&DaimonOrchestra OfficialBlog
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【MP3DOWNLOAD】ダウンロード販売と海外販売【アメリカ、フランス】 | main | 【LiveReport】8.26四谷アウトブレイクと8.30足利テレビ【Ustream】 >>

【LiveReport】8.17代々木ZherTheZoo 8.20足利SouthBBC『広志vol.17』

 
ライブレポ、写真はこちら
8.17 代々木
2011.8.17 LivePhotos
photo by 神崎燐夜

8.20 足利
2011.8.20 LivePhotos
photo、取材 by 足利Miraclewoman

ここでは8/20の【広志vol.17】のことを書きたいと思います。
まずはご来場者、出演者の方ありがとうございました!!!
今年も地方でしかできない特別なことをやってのけました!!!

んで、
まぁ今年はとゆーか毎年開催するか実は迷うのです。
なんでかというと、
前年を上回る企画をやりたいし、労力もさながら、毎年終わった後、自問自答を繰り返しながら答えを見つけながら、確認しながら、そのうち1年経ち時期が近づく。
そのタイミングで『今年は?』と聞かれる。
その時に間違ってない!と思えて『やるしかねぇ!』てなる。
このサイクルを毎年繰り返してる。多分、もう自分だけの企画じゃないんだろうな。

まぁそんなこんなで。
今年は3月に地震があったので本当に企画が危ぶまれた。
毎年企画が本格的に動き出すのが4月前後。その頃は計画停電中。
一時的に計画は終わるが、夏場は行う話が世間では噂された。

個人的には開催しないか、オールナイトのみにするか、アコースティックにするか。

迷ったあげく計画停電は行わないことが解るのだが、いつもより一ヶ月動き出すのが遅れた。
これが実につらかった。リリースも重なってたので、いつもの2倍忙しい。
ブログやツイッターを見てた方には少しは現状が伝わってたかも。

まぁそんなこんなで。
無事に今年も終える事ができました。

・集客について
数は明かしませんが、実はここ最近はやっと赤字にならないくらい集客が集まってきています。
ぶっちゃけるとバンドにはノルマがなくて、参加費しかもらっていません。その額が高いか、安いかは本人たちの価値観ですが、けして高くはないと思います。
今年の特色で言うと、前売りではなく、当日券が結構いました。これが凄い意外で。
地方ではまずありえない。なんらかの噂や知名度、リリースも絡んでのことなのかも。
ちなみに集客と出演者合わせると余裕で100人超える数でした。パンパンやで。

・全フロアライブについて
これは去年やってみて手ごたえがあったので、去年から決めていました。
んで、蓋を開けてみるとすっごくシビアなライブ。もうね、実力がまるわかり。
練習スタジオでやってるバランスがほぼそのまま出るわけだから、本人たちのバランス感覚も問われる。演出はほぼ皆無。経験も必要だった。
個人的にはNYでライブをやった感覚に似てた。リハなし、クラブ仕様。向こうのライブはこれが主流な訳でそりゃ鍛えられるよなあ。
バンドによっては照明もしくはPAで+1の効果が得られると思っているバンドにはつらかったかもなあ。そういう意味では凄く平等で解りやすかったかな。でもそれはごまかしたいよねぇ。バンドによっては初体験だったらしく勉強になったという声もありました。
観客目線で観ると好きなバンドに限っては凄く近いわけで嬉しいよね。良いバンドに出会えればなおさら。それと同時にステージで観たい感覚も生まれるはず。と思ったけどみんなどうだったかな?
来年はやはりステージも絡めてやるべきだな。
ちなみに今回のPAは超一流の方です。ZEPPとかでも仕事するような。彼の力は存分にでかかった。

・各ブース、サブステージについて
毎年おなじみ、好評の無料フードに加えて、整体と占い。さらに劇団GUREM♂♀Nと実験的要素もあった今回。
大成功でしょう!!!
深夜のGUREM♂♀N観れたのもうちの企画だけ!www
いや、時間押してごめんなさい。でもあなたたち最高の仕事でした!次は是非普通の形でw
整体は順番待ちたくさんいたし!安くしたのもよかったかな?
占いに関しては全国見渡しても珍しい試みでしょう。彼女たちは全国を駆け回るプロ中のプロ。
試しにうけてみたら…
これはすげぇ!!!あたるよまじで!!!
来年も呼ぶ約束しました。本当にお勧めです。未経験のかたは一度うけるべきです。
ひやかし気分がふっとぶから!!!

そして、弁慶さん、モリンゴさんの自作ブース。
これはね、これからもやるべきです。
今まではタダで配っていたりした物をあえて売る勇気。
自分の仕事の値段、対価はやはり貰うべきですよ。
対価は決してお金じゃない場合もあるけど、これは仕事にプライドがないとできない事ですよ。
アンダーグラウンドミュージックにも言える事で自分の価値観、プライドを他人に評価してもらう事でもあり、示すことでもある。
僕は評価しますよ。特権で貰っちゃったけどw

・総評
まだまだ書きたい事あるけどしんどいからこの辺でw

今年も様々な力を得てこの企画ができたのを深く感謝します。
内容の評価も参加してくださったブログやツイッターで拝見しましたが、少しは傷跡が残せたかなと思っております。

ある方から『理想の空間がそこにあった』とメッセージいただきました。

これこそ俺が目指していることで、ジャンルに関係なくおもしろいものはおもしろいと評価できる環境が毎年目指していることです。そこに空気、熱気、情熱が加わって相乗効果が生まれること。
これは音楽やライブハウスだけでなく、ステージに立つ出演者と観客との関係として理想だと思います。

これからもそれを目指して。
来年はもっとよい状況に。

大門/複数大門代表 オカジマサトシ



やったるぞー!!うへへへーい




音楽 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント


さみしいとき
あるよね
http://spqeqgt.t.monju.me/spqeqgt/
みっくみく | 2011/08/27 4:06 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://daimonband.jugem.jp/trackback/1508959
この記事に対するトラックバック