社長の独り言。

Daimon&DaimonOrchestra OfficialBlog
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【LiveReport】4.15浅草クラウドとRECと療養。【blog】 | main | 【さらにいまさら】Ashikaga EP解説2.【解説】 >>

【いまさら】Ashikaga EP 楽曲解説1.【解説】

JUGEMテーマ:音楽

暇なので一年越しの解説を。
去年8/17にリリースされ、その日のうちに追加発注確認!!!
初回限定生産は銘仙を使用し、まさしく幻になった名盤!!!
自分でいうぞ!!!
AshikagaEP

んでその中の曲から。
まず1,2曲目のDaimonの楽曲から。
正直、制作段階では3,4曲目かなと思ってたんですけど。
周りの意見的にかっこいいのが先だろうということで。
( ´_ゝ`)フーンかっこいいのか。

1、リビドー
メインRiffは8/9拍子。
そこから様々なキメフレーズ、バリエーションを経て歌の伴奏に流れ込む。
ドラムンベースを軸に作っている伴奏だが、それに似ないのがうちらしい。
サビにいくまではセリフ?念仏?とにかく新しい試み。
実際、歌ってしまうよりは言葉を投げかけた方が伝わりやすい気がした。
そしてサビはいつも通り。メロディックに。
ここのコード進行はかなり色んな楽曲で多様してますね。
特にFM7/B♭9/CM7/E7 の流れ。
サビ後はギターソロ。
ダサいロックをイメージしてつくったけどかっこよくなってしまった。
終わると前半の8/8のバリエーション→2拍3連の混沌ディレイゾーンに突入。
ここは高揚感や浮遊感。とにかく次のサビに行くための便秘タイム。
俺はこれを30分やってもいい。
んでサビ→8/9Riffのバリエーション。
この曲は実はそんな複雑じゃない。ユニゾンが多いし、展開を覚えるだけ。
まぁそれがめんどくさいか…

歌詞はまさに思春期のリビドー。
言いたい事は特にないが、
【お父さん、お母さん、そして少年たち。その時はいつか来る。焦らず処理しよう!】
人間、最初に消えるのが性欲だし、つきるまで消費するがいーさ!

2、モノラル
三人では珍しいシャッフルの曲。こっちをPVにしたんだなぁ。
いちおーダンサーに二曲聞かせてこっちのが踊りやすいとの事で決定。
何気にこっちのが難しい曲だったりして。
まぁ拍増えたり、減ったりするだけなんだけどシャッフルにすると精度が鈍るというか。
サビを終えたあと、スローりーになる。これも余りうちではない展開。
プログレってこんなじゃね?って感じで足したけど静かな所なのにドラムがうるせーw
最期元のテンポにもどって終了。
ポエムはオケのTPはるみん。見事幼さがでたーよかたー。

歌詞は男女の別れの曲。【警鐘】って言葉が使いたかったんだよね。
 



http://youtu.be/Iz9_rerpy1k




ほいじゃあとで残りの解説ー。バハハーイ!
音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://daimonband.jugem.jp/trackback/1508985
この記事に対するトラックバック